各種人気釣りブログサイトより最新の釣りニュース情報を毎日紹介します。つりZINEアプリでよく閲覧されている人気記事は背景色が付いています。

2024 JB TOP50第2戦開幕! 弥栄湖戦初日、志逹海輝選手が5,735gをウエイインし暫定首位に!

2024年6月7日 サイトB
2024 JB TOP50第2戦開幕! 弥栄湖戦初日、志逹海輝選手が5,735gをウエイインし暫定首位に!
エレキ戦の弥栄湖ではプラからのプレッシャーの蓄積のためか、ビッグバスはなかなか口を使わない状況となりウエイトアップに苦戦した選手も多数いた模様。志逹海輝選手が3尾5,735gをウエイイン。初日唯一の5Kgオーバーで2位以下の選手を大きくリードしまし...
» 記事サイトで内容を読む

【サイトB】の最新記事

2日前 サイトB
2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第6戦・ウィーラー・レイク予選が終了。日本人勢は準決勝進出ならず

2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第6戦・ウィーラー・レイク予選が終了。日本人勢は準決勝進出ならず

2024年B.A.S.S.エリートシリーズ全9戦のうち、後半戦となるアラバマ州ウィーラー・レイクでの第6戦が開幕。本日2日間の予選が終了しました。
1週間前 サイトB
2024 JB TOP50第2戦優勝は山岡計文選手! 魚探の電源を切り、バンクフィッシングでぶっちぎり!!

2024 JB TOP50第2戦優勝は山岡計文選手! 魚探の電源を切り、バンクフィッシングでぶっちぎり!!

山口県•弥栄湖で開催されたJBTOP50第2戦が終了しました。優勝は予選をトップ通過した山岡計文選手。最終日も単日2位のウエイトを持ち込み、準優勝の志達海輝選手に2キロ以上の差をつける圧勝でした。
1週間前 サイトB
2024 JB TOP50第2戦! 弥栄湖戦予選は山岡計文選手がトップ通過!

2024 JB TOP50第2戦! 弥栄湖戦予選は山岡計文選手がトップ通過!

予選をトップで通過したは初日2位につけていたベテラン・山岡計文選手。初日は5kgに迫る4,890gをウエイインしていた山岡選手。多くの選手がウエイトを落とした2日目は、単日トップの3,452gを持ち込み、2日間計8,342gで決勝にコマを進めました。
1週間前 サイトB
2024 JB TOP50第2戦開幕! 弥栄湖戦初日、志逹海輝選手が5,735gをウエイインし暫定首位に!

2024 JB TOP50第2戦開幕! 弥栄湖戦初日、志逹海輝選手が5,735gをウエイインし暫定首位に!

エレキ戦の弥栄湖ではプラからのプレッシャーの蓄積のためか、ビッグバスはなかなか口を使わない状況となりウエイトアップに苦戦した選手も多数いた模様。志逹海輝選手が3尾5,735gをウエイイン。初日唯一の5Kgオーバーで2位以下の選手を大きくリードしました。
2週間前 サイトB
アブガルシア『VERSART G.O.A.T』誕生の舞台裏に迫る。そのロッドは最強から最高へ。

アブガルシア『VERSART G.O.A.T』誕生の舞台裏に迫る。そのロッドは最強から最高へ。

アブガルシアから「G.O.A.T」(greatest of all time=“史上最高”の意)と名付けられたロッドが発表された。ベースモデルであるベルサート誕生の経緯から、このシリーズの正体に迫りたい。
3週間前 サイトB
『Old Tackle Anglers (オールドタックルアングラーズ)』5月27日発売!

『Old Tackle Anglers (オールドタックルアングラーズ)』5月27日発売!

日本のルアーフィッシング黎明期から発展初期にかけての1960~1980年代、絶大な人気を誇り憧れの対象だったABU Ambassadeur、そして同製品をこよなく愛した偉大な作家にして釣り人の開高健に焦点をあてました。
3週間前 サイトB
『Basser』2024年7月号、好評発売中!

『Basser』2024年7月号、好評発売中!

魔法のルアーがあるとしたら、それはハネモノのことだと思う。たとえば、雨で濁りの入ったリザーバーを、バズベイトのようにガシガシ巻いて水面を割らせることが出来る。好条件でのサーチベイトとして有能かと思えば、晴天無風の超クリアウォーターに浮く天才系ビッグバスをデッドスロー引きで魅了することも出来る。ワームやほかのハードベイトを置き去りにする釣果を出せるのだ。
1ヶ月前 サイトB
2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第5戦・レイクマーレイ準決勝。伊藤巧選手が順位を上げ30位でフィニッシュ!

2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第5戦・レイクマーレイ準決勝。伊藤巧選手が順位を上げ30位でフィニッシュ!

2024年B.A.S.S.エリートシリーズの折り返しとなる第5戦がサウスカロライナ州レイク・マーレイで開催。準決勝で伊藤巧選手は順位を上げ、30位でフィニッシュとなりました。
1ヶ月前 サイトB
2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第5戦・レイクマーレイ予選が終了。伊藤巧選手が準決勝進出!

2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第5戦・レイクマーレイ予選が終了。伊藤巧選手が準決勝進出!

2024年B.A.S.S.エリートシリーズの折り返しとなる第5戦がサウスカロライナ州レイク・マーレイで開催。本日朝、予選が終了しました。
1ヶ月前 サイトB
【七色ナナマル】イマカツ・河野正彦さんに詳細を聞いた!【アベンタRS】

【七色ナナマル】イマカツ・河野正彦さんに詳細を聞いた!【アベンタRS】

奈良県・七色ダムで70cmオーバーのビッグバスがキャッチされた。キャッチしたのはイマカツプロスタッフの河野正彦さん。ヒットルアーは「アベンタクローラーRS」。詳細にこの時の状況を教えてもらった。
1ヶ月前 サイトB
『Basser』2024年6月号、好評発売中!

『Basser』2024年6月号、好評発売中!

ロッドほど性能を語るのが難しいタックルはありません。使う人の体格や合わせるリール、ルアーの種類など、アングラーの数だけ正解があるからです。しかし、ビルダーや開発の舞台裏に目を向けてみるとどうでしょうか?
1ヶ月前 サイトB
2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第4戦・セントジョンズリバー予選が終了。

2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第4戦・セントジョンズリバー予選が終了。

2024年B.A.S.S.エリートシリーズ第4戦がフロリダ州セントジョンズリバーで開催されています。日本時間本日朝、予選が終了しましたが、日本勢の準決勝進出はなりませんでした。
1ヶ月前 サイトB
【亀山湖ロクマル】67.5cm5470g!千田隆喜さんがフラッシュJ・7inのホバストセッティングでキャッチした、あわやナナマル!!

【亀山湖ロクマル】67.5cm5470g!千田隆喜さんがフラッシュJ・7inのホバストセッティングでキャッチした、あわやナナマル!!

2024年4月18日、亀山湖レコードを上回る67.5cm5470gがキャッチされた。アングラーはU-30ドリームトーナメントを主催する千田隆喜さん。ネストに入る前の、シャローに上がった直後のプリスポーンのビッグバスに口を使わせたアプローチを詳しく聞きました
2ヶ月前 サイトB
世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第21回 今日の正解は明日の不正解かもしれない

世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第21回 今日の正解は明日の不正解かもしれない

まったく同じルアーでも、「今日の正解は明日の不正解」「今日の不正解は明日の正解」ということが頻繁に起きるんです。相手が湖という自然であり、バスという生き物ですから。だからこそ、「頭の上を平面に」というリクエストに対しても、私の手は慎重にならざるを得ませんでした。この最後の仕上げにすごく大事な要素が隠れていることを確信していたからです。
2ヶ月前 サイトB
世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第20回 重さがリズムを作る

世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第20回 重さがリズムを作る

私はサンダーシャッドの重さの意味を理解できた気がしました。勝てるルアーの三原則はサイズ・リズム・強度。そのリズムを作るためには小さなルアーであってもある程度の重さが必要だったのです。リック・クランがディープタイニーNのリアのフックを#4と不釣り合いなほど大きくしていたのが象徴的です。
2ヶ月前 サイトB
世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第22回 隠されたコンセプト

世界一のクランクベイトができるまで。ラッキークラフトU.S.A. Behind Story 第22回 隠されたコンセプト

ここで紹介しているFAXがリック・クランからの最初のリクエストでした。以前紹介したサンダーシャッドとともに明快な指示がいくつか入れられています。この指示書は今でも私の宝物です。内容はあえて要約しないので、皆さんもぜひ楽しみながら翻訳してみてください。ヘッド部で水を受けさせたいという手書きのイラストがたまらないですよね。
2ヶ月前 サイトB
2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第3戦・ハリスチェーン予選が終了。日本勢は準決勝進出ならず

2024 B.A.S.S.エリートシリーズ第3戦・ハリスチェーン予選が終了。日本勢は準決勝進出ならず

2024年B.A.S.S.エリートシリーズ第3戦がフロリダ州ハリスチェーンで開催中です。日本時間本日朝、予選が終了しましたが、日本勢の準決勝進出はなりませんでした。
2ヶ月前 サイトB
峯村祐貴さんのスイミングキャロ。クイックチェンンジャーが支えるウエイト調整の極意とは!?

峯村祐貴さんのスイミングキャロ。クイックチェンンジャーが支えるウエイト調整の極意とは!?

スイベルキャロというメソッドをご存知だろうか? 通常のキャロライナリグと違いシンカーを背負わせず、スイベルの重さのみでワームを沈めるというもの。主にライブソナーを駆使した中層攻略に用いられる釣りだ。このスイベルキャロは、ワンタッチで簡単にウエイトを変えられるTGグレネードクイックチェンンジャーを用いるとさらに有効性が増すという。峯村さんに実践してもらった。
2ヶ月前 サイトB
2024 JB TOP50第1戦、七色ダム戦結果! 吉川永遠選手が初優勝!

2024 JB TOP50第1戦、七色ダム戦結果! 吉川永遠選手が初優勝!

2024JB TOP50開幕戦七色ダム、優勝は吉川永遠選手。水位変動の激しい状況の中、予選2日間で安定して4kg以上を計上しスコアを重ね、最終日に60cmアップを含む3尾合計5295gというビッグウエイトを叩き出しました。
2ヶ月前 サイトB
【琵琶湖・南湖のナナマル!】ガイド前田のゲストがスイムジグでキャッチした6,610g!!

【琵琶湖・南湖のナナマル!】ガイド前田のゲストがスイムジグでキャッチした6,610g!!

2024年3月27日、琵琶湖・南湖でガイド前田こと前田純さんのガイドを受けていたゲストの廣田さんが70cmオーバー、6,610gのモンスターをキャッチした。ヒットルアーはスイムジグ。ビッグバスレイクの琵琶湖といっても滅多にお目にかかれる魚ではない。廣田さんは18年間栃木から年に2度、ガイド前田に通い続けこの魚を手にしたという。どんな釣りでキャッチしたのか、この時の状況を前田さんに聞いた。
最新の釣りニュース一覧を見る 本日の釣具特価情報を見る